iPhoneお役立ち情報

【フィルム購入の前に!】スマホを守るならガラスコーティング!

皆さん、スマートフォンを新しく購入した後に真っ先に購入するものってありませんか?

私は真っ先にスマートフォンを守ってあげるべくフィルムを探します。

うっかり落としてしまうなんてことがあればすぐに画面が割れてしまいますよね

スマホを購入時に同時に買うったりする人も多いのではないでしょうか。

画面を守ってくれる保護フィルムにも強力なガラスフィルムなどがありますが、実は今スマホの画面割れから守ってくれるのはそういったフィルムだけではないのをご存じでしょうか。

私はスマホ京都市右京区にあるスマートフォン修理店でアルバイトスタッフですが今スマホを保護するものをお探しの方には「ガラスコーティング」という物を激押しさせていただきます!

このガラスコーテイングとはいったいどういう物なのか、何故私がおススメするのかを今日は書いていこうと思います!

目次【本記事の内容】

ガラスコーティングはフィルムと何が違うのか

9Hなので硬さは申し分なし!

液体だからこそ出来ることがある

ガラスコーテイングはスマートクールで出来ます

店舗情報

 

―ガラスコーティングはフィルムと何が違うのか―

ガラスコーティングとフィルムの一番の違いは「本体その物を強くすること」「強い物で本体を守る事」です。

ガラスコーテイングは液体を本体に塗り化学反応を起こさせることで画面そのものを硬くします。

一方でガラスフィルムはシール状のフィルムを画面に貼り付け落下時などは本体の代わりにフィルムが割れてくれます。

 

 

 

―9Hなので硬さは申し分なし!―

えんぴつ

ガラスコーテイングは市販で売られているフィルムの最高レベルの硬さがあるので割れにくさでみても十分だと思います。

2020年現在、ガラスの保護フィルムの硬さは9Hというのが市販で売られているものでは最高レベルの硬さとなっています。

これは鉛筆の芯の硬さで表されている単位となっていまして、そこそこ割れにくくはなっています。

割れにくさに加えて指紋や傷もつきにくいんです!

―液体だからこそ出来ることがある―

エッジが割れたiphone

ガラスコーテイングは液体を塗ることで守るものだからこそできるのが守りたい部分を守ってくれるという事です。

ガラスフィルムを貼ったもののちょっと端っこが残ってて不安、もしくは端っこの部分にひびが入ってしまった。

なんてことはありませんか?

特に最近の機種は画面部分が広く前面にはほぼ余白がありません。

それでもガラスコーテイングなら余すことなく塗り広げられるのでガラス部分全てをカバーする事が出来ちゃうんです。

察しのいい方はお気づきかもしれませんがこれなら「貼る」という行為がないためズレることもありませんしもちろん剥がれることもありません。

ガラスコーテイングはスマートクールで出来ます

スマートクール
ガラスコーティングならスマートクールでも出来ます。

コーテイングにかかる時間は10分もかかりません!

ご予約も受け付けておりますので是非一度店舗にお問い合わせください!

店舗情報

店舗名 スマートクール イオンモール京都五条店
住所 〒615-0035
京都府京都市右京区西院追分町25-1 イオンモール京都五条 2階
電話番号 075-754-6125
営業時間 10:00~21:00 年中無休

当店は京都府京都市の「イオンモール京都五条」2階にございます。アイフォンの修理で最も多い液晶交換やガラス割れ修理は最短30分~バッテリー交換は最短15分~即日お渡し可能。 その他のiPhone修理・iPad修理やバッテリー交換・水没復旧・カメラ交換修理・スピーカー交換修理・ホームボタン修理・スリープボタン修理等お任せください。
各種クレジットカードもご利用可能です。

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。